エンジニアとの会話に役立つ用語集

【簡単解説】バックログとは?積み残した作業!

2020年6月22日

バックログという言葉を聞いたのですが、言葉から何も想像ができません。バックとログで分けて考えてみてもよく分かりません。教えてください。

このような疑問に回答します。

本記事の内容

・バックログとは、積み残した作業のこと

 

バックログは、言葉から、あまりどういうものなのか想像しづらいですよね。今回は、バックログについて、分かりやすく簡単に解説していきます。

バックログとは?

 

バックログ(backlog)というのは、これから着手すべき仕事などのことを指している。基本的には、後回しになっている仕事のことになるな。
あまり意味がITっぽくない用語ですね!主にシステム開発などの仕事で使われる言葉でしょうか?
そうやな。仕事でプロジェクトを進行している時なんかに、チームとしてすべき仕事や課題などをリスト化したものになる。例えば、システム開発において、まだ開発できていない積み残し案件のことを指したりするんや。
なるほど。宿題みたいなものですね!
そうやな。実施すべきことやのに、未着手のまま放置されているような作業をリスト化したりするんや。
ちなみに、ログとは全く違うものなのでしょうか?
ログ(log)は、まだ違う意味になるで。ログというのは、コンピューターの使用状況やサーバーへのアクセス状況などを記録をとることや。コンピューターのソフトウェアやシステムにエラーや障害が発生した時に、ログを確認することがあるのじゃ。何か好ましくないことが起きた場合に、ログを確認して原因を調査することがある。
ログを記録するのはかなり重要な作業ですね!バックログとは違いますが、記録をとっているという意味では同じですかね。
まあ、そうやな。バックログに関しても、これからの計画について記録をしてるからな。ちなみに、バックログという名前のタスクを管理するためのプロジェクト管理ツールがあるから、会話の中でバックログという用語が出てきたらこのツールのことを指している場合もあるんや。
そうなんですね!注意して聞いてみます!

 

まとめ

 

バックログについて、なんとなく分かったか?
はい!

・バックログとは、システム開発等において、まだ開発できていない状態で残っている作業のこと

ですね!

うん、その通りや。
業務の中で使われる用語なんだと理解できました!
そうやな。バックログについては、現場で使われることがあるから、理解しておいた方がええな。これからも、わからんかったら俺に聞くんやで。

-エンジニアとの会話に役立つ用語集
-,

Copyright© ワカテク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.