なぜhello, worldがプログラミングの最初なのか?その起源と意味に迫る!

誰もがプログラミングの最初に経験はしたことがあるだろう「hello, world」当時は、何の気も無しにただ扱っていましたが、今振り返るとその起源や意味は何だったのでしょうか。その起源と意味について会話調で解説していきます!

プログラミング言語の勉強がhello, worldから始まる理由


テク博士ー!


おー、どうしたまきおくん?


ふと思ったんですが、どうしてプログラミングを勉強する時、最初は「hello, world」から始まるんですか?いきなりサイトを作るんじゃだめなんですか?


お、これは良いところに気がついたの。


え、そんなに良い観点でしたか、それは良かった!


「でもいきなりサイトを作れば良い」と言うのはちょっと残念な発想じゃ。


え、褒めてるのか、けなしてるのかどっちなんですか?


では今回は、「hello, worldの起源」と「hello, worldが書けたことの意味」について説明するかの。


(完全スルーですね、、というか、「書けたことの意味」ってなんだろう?)

hello, worldの起源


「hello, world」の起源じゃが、
元々は1978年に発刊されたC言語の本「プログラミング言語C」に書いてあったのが初めて
と言われておるの。

プログラミング言語C
参考:Dennis Ritchie, creator of C, bids “goodbye, world”


へー!そんな昔から「hello, world」が最初だったんですね。


そこから、あらゆる本でのチュートリアルが、「hello, world」になったと言われておる。

ちなみに「プログラミング言語C」の作者ブライアン・カーニハンとデニス・リッチーは「UNIX」と呼ばれる、今のWindowsやMacのOS(オペレーティング・システム)を開発した方でもあるのじゃ。


今の世界を作り出した張本人ですね、すさまじい・・・!


UNIX時代に生まれた考え方は、プログラミングの世界に今も影響を与えておる。今度「テク博士の本棚」でも紹介するかの。

hello, worldが書ければ、Webサービスが作れるようになる


さて「hello, worldが書けた」ということの意味なんじゃが、一言で言えば「何でも作れるようになった瞬間」を指すのじゃ。


「何でも」ですか・・・うーんでもいまいちピンとこないですね。


今、君は「hello, world」という文字列をプログラムで送り出せるようになったはずじゃ。実は世の中のあらゆるWebサービス・システムの基本は、「意味を持たせた文字列のやり取り」じゃ。

例えば、「いいね」ボタン。
「いいね」ボタンが押された、という情報を文字列(like_button = ‘pushed’ or 1)で出力し、プログラムを通じて相手に「いいね」が押された事を伝えることができる。

「カード番号」という文字列を入力させて、商品の購入処理を完了させるネットショップも、他の例としてあげられるの。

「hello, worldが出力できる」ということは、「hello, world(こんにちは、世界)」をメッセージとして相手に伝えることができるようになったことを示すのじゃ。「hello, world」という文字列を出力することは、初めてそのプログラミング言語を通じて機能を作ることを体験するのに、最も簡単なプログラムなんじゃ。


なるほど、、ということはサービスを作ることは、送る文字列にどんな意味を持たせることができるか、を考えることなんでしょうか。


そうじゃな。上手く文字列に意味を持たせて、効率よくやり取りさせるプログラムを設計・開発することができるかどうかがプログラマの腕の見せ所じゃな。


今度は良いシステムの設計とかも勉強してみたいですね、是非教えてください!


設計の仕方についてはまた別の話題で話すことにするかの。少年よ大志を抱け!