ネットワークの基礎を勉強

【解説】NIC(ネットワークインターフェースカード)とは?

NICという言葉の意味について知りたいです。パソコンに関係しているようなのですが、聞いたことがあるだけで詳しく分かりません。

 

このような疑問に回答します。

 

本記事の内容

・NICとは?
・NICの役割は?

 

 本記事の信頼性

NICという言葉を聞いたことはありますでしょうか。NICという言葉は知っていても、その意味について知らない人は多いかもしれません。今回はそんなNICについて解説します。

 

NICとは?


NIC(Network Interface Card)は、ネットワークインターフェースカードやニックと呼ぶことが多い。また、LANカードやEthernetカード、ネットワークカード、ネットワークアダプタとも呼ばれている。NICは、コンピューターなどの端末をLANに接続するためのカードやな。

カード・・・どんなカードなのでしょうか。
以前は、NICを別途購入して取り付ける必要があったんやが、最近はパソコンにNICが元々内蔵されている。せやから、NICがあるかどうかは基本見た目では分からんで。具体的には、パソコンに付いているLANケーブルを挿入する部分がNICやな。
つまり、有線でインターネットを使う時に、NICを使うイメージですね。
せやな。
それから、NICって、ネットワークインターフェースカードと呼びますが、インターフェースって何のことですか?

 

インターフェースについてはコチラ

 

端末の接続部分やな。NICは、ネットワークインターフェースを端末に追加するためのハードウェアだと覚えておけばええで。
なるほど・・・!それから、Ethernetカードとも呼ばれているみたいですが、Ethernetって何でしたっけ?
Ethernet(イーサネット)は、LANの規格のことやで。
プロトコルですね!

 

NICという組織もある!

 

NIC(Network Information Center)という名称の組織もあるから、念のため一緒に覚えておくと良いな。IPアドレスやドメイン名の管理、割り当てを行う組織のことや。世界中に組織があり、日本のNICは、JPNICになる。

 

 

世界的な組織なんですね!NICより上の組織はあるのでょうか。
IANA(Internet Assigned Numbers Authority)という組織があって、この組織を頂点として下部にNICがあるな。ちなみにIANAは、アイアナと呼ぶ。しかし、今はICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)という組織に業務が引き継がれ、ICANNの一部としてIANAが機能している。
具体的には、何をしている団体なのでしょうか?
ドメイン名やIPアドレスなどを世界規模で管理している団体やな。
分かりました。ありがとうございます!

まとめ

 

NICについて、なんとなく分かったかな?
はい!


・NICは、コンピューターなどの端末をLANに接続するためのカード
(最近は基本的に端末に内蔵されている)

ですね!
せやな。NICという言葉自体をあまり使うことはないかもしれんが、LANと関係しているから、覚えておくように!これからも、わからんかったら俺に聞くんやで!

-ネットワークの基礎を勉強

Copyright© ワカテク【犬でもわかるITテクノロジー用語集】 , 2020 All Rights Reserved.