エンジニア未経験のためのノウハウ

【分かりやすく解説】オンプレミスとは?クラウドとの違いは?

2020年5月22日

オンプレミスという言葉を最近覚えたのですが、どういう意味か分かりません。教えてください。

 

このような疑問に回答します。

 

本記事の内容

・オンプレミスは、自社でサーバーやソフトウェアを運用!
・クラウドは、外部のサービスを利用!
・ハイブリッドクラウドは良いとこ取り?

 

 本記事の信頼性

 

「オンプレ」という言葉を聞いたことはありますでしょうか。今回は、IT業界ではなくても、時々使用される「オンプレミス」という言葉について説明します。また、併せて「クラウド」という言葉についても、違いを踏まえつつ解説していきます。本記事を読むと、オンプレミスとクラウドの概要、その違いについて理解できます。

 

オンプレミスとは?

 

早速、オンプレミスについて教えてください!
オンプレミスというのは、自社などで情報システムの管理や運用していることを言う。ちなみに、プレミス(premise)は、「構内」などの意味で、「オンプレ」などとも呼ばれる。
なるほど。自分でサーバーを準備して運用していくのですね!少し大変そうですが・・・。
確かに。オンプレミスとして、運用していく上でのデメリットもあるから、その点も説明するで。

 

オンプレミスのメリット・デメリット

 

なぜわざわざ自分で準備するのでしょう。何かオンプレミスを導入するメリットはあるのでしょうか。
オンプレミスは自社で構築・管理をするため、元々あった自社システムと連携させやすく、自社運営ということでセキュリティ面のレベルも高い。しかし、その一方で、何かトラブルが発生した時には自社で対応しなければならないというデメリットがある。
ほうほう。
特に、セキュリティレベルが高いというのはかなりのメリットやな。完全に自分達だけのネットワークでの運用になるから、第三者が入りにくくなる。例えば、銀行システムの多くはオンプレミスで運営されていた。まあ、最近はコストの関係でクラウドシステムに一部移行するような動きも見られるで。
セキュリティ面が高いというのは大きなポイントですね。
せやな。しかし、ファイアウォールやセキュリティソフトなどは自身で購入したり準備する必要があるから、コストはやはりかかってくるな。
お金がかかるのは仕方ないですかね。ところで、クラウドについては聞いたことはありますが、これもよく意味が分かりません・・・。

 

クラウドとの違いは?

 

そもそも、クラウドって何なのでしょうか?
クラウドとは、外部ベンダーのサービスを利用して、サーバーを自社に置かずにシステムの構築が可能になるということや。他人任せっていう感じやな。
・・・ベンダーって何ですか?自動販売機ですか?
いや、この場合のベンダーとは、販売事業者のことやで。IT系の会社では当たり前のように使われるから、要チェックや。
わかりました!クラウドは、自社でシステムを調達しないから、コストがあまりかからないということですね!話を戻しますが、クラウドのセキュリティレベルってどうなのでしょうか?
クラウドのセキュリテイについてやが、他のユーザーとは物理的に分離されたプライベートネットワーク環境を利用するから、安全性は高い。しかし、オンプレミスの方が自由にカスタマイズできるから、セキュリティ面に関しては、クラウドはやや劣るかな。
柔軟にカスタマイズできるのはオンプレミスの強みということですね!ちなみに、クラウドのそのほかのメリットって何なのでしょうか。コスト感以外に魅力があれば知りたいです。
そうやな。環境を構築するまでの期間が短いという点になるかな。外部サービスに登録して、Web上からサーバーなどについて調整できるから、楽だし短期間でシステム構築ができる。

 

クラウドへの移行!

 

クラウドを利用するメリットを考えると、企業規模や予算、方針によってオンプレミスとクラウドのどちらを利用するかは考えものですね。
せやな。クラウドの普及に伴い、オンプレミスからクラウドへ移行する傾向が強まってきたのは事実や。その一方で、大きな会社なんかでは、やはりセキュリティの関係で、閉鎖的な自社運用のオンプレミスが好まれる傾向がある。
クラウドが強くなってきているのですね!
近年はクラウドを利用することによるメリットが増えたことや、セキュリティレベルも日々向上しているから、システムの導入にあたっては、先ほどのメリット・デメリットや自社環境を鑑みて検討していく必要があるな。

 

ハイブリッドクラウドとは?

 

実際、オンプレミスとクラウドの良いとこ取りが理想ですよね!
鋭い指摘やな。これまで、オンプレミスとクラウドの説明をしてきたが、良いとこ取りをした利用方法もある。それが、ハイブリッドクラウドや。
おお、上手く組み合わせることができるのですね!
ハイブリッドクラウドでは、複数企業が共有できるパブリッククラウドと自社で運用しているプライベートクラウド、そしてオンプレミスのサーバーを組み合わせて利用できるんや。
ちなみに、これまで話をしてきたクラウドとは、このパブリッククラウドのことを指している。広く一般ユーザーや企業向けにクラウドコンピューティングの環境を提供するサービスのことや。
パブリックなものなのかプライベートなものなのかという違いですね!組み合わせることで、具体的にどういったメリットがあるのでしょうか。
例えば、個人情報を取り扱うようなシステムでは、システムをオンプレミスで自社運用しつつ、そこにパブリッククラウドをつなげて運用することで、高いセキュリティと低いコストが実現する。

 

まとめ

オンプレミスがどういうものかわかったか?

はい!

・オンプレミスとは、自社でサーバーやソフトウェアを導入し、運用すること
・クラウドは、インターネット上に仮想サーバーを置いた外部ベンダーのサービスを利用すること
・システム構築にかかるコストはクラウドの方が安い
・ハイブリッドクラウドは良いとこ取り

ですね。

そうや!個人レベルではあまり話に出ないが、システムを扱う企業ではよく出てくる言葉ではあるから、よく復習して覚えておくように!これからも、分からんかったら俺に聞くんやで。

-エンジニア未経験のためのノウハウ
-,

Copyright© ワカテク , 2020 All Rights Reserved.