エンジニアとの会話に役立つ用語集

【初心者】サーバーとは?VPSについても解説!

サーバーって何ですか?よく聞く言葉なのですが、よく分かりません。教えてください!

 

このような疑問に回答します。

 

本記事の内容

・サーバーとは?
・VPSって何?

 

 本記事の信頼性

 

今回はサーバーについて解説します。サーバーという言葉はよく聞くのではないでしょうか。Webサーバーやメールサーバーなど、様々な種類があります。本記事を読むと、サーバーの概要について理解できます。また、併せてVPSについても説明します。

 

サーバーとは?

 

サーバー(server)とは、サービスを提供するコンピューターのことや。
サービス(service)を提供するから、サーバーなのですね!ビールサーバーみたいな!
まあ、せやな。
ちなみに、サーバとサーバー、読み方はどちらが正しいのでしょうか?
これは、どちらも正しい。明確なルールはないから、周りに合わせればええで。
なるほど。分かりました!

 

サーバーの役割

 

サーバーって、どのようにサービスを提供しているのでしょうか?
基本的には、クライアントからの要求に従って、サービスを提供する。サーバーには、いくつか種類があって、ファイルの共有や保管に使われるファイルサーバーや電子メールを管理するメールサーバーなどがある。
クライアントって何ですか?あと、レンタルサーバーも同じですか?
クライアントは、サーバーのサービスを受ける側のことやな。あと、レンタルサーバーもサーバーやで。VPSやクラウドサーバーなどがある。
なるほど。VPSって何ですか?

 

VPSって?


VPSは、Virtual Private Serverの略称で、「仮想専用サーバー」という意味になる。

普通のサーバーとの違いは何ですか?
仮想サーバーは、物理サーバーの上に仮想サーバーを分割して構築することで、それぞれのユーザーが、まるで自前で用意した物理サーバーのように利用できるようにしたんや。だから、仮想サーバーでは、物理サーバーと同じように、自由にOSやアプリケーションをインストールすることができる。
普通の物理サーバーは単独で使用するけど、仮想サーバーは複数のユーザーで物理サーバーをシェアする感じですかね?
複数のユーザーで物理サーバーを共有するというのは間違いないが、各ユーザーに仮想サーバーが割り当てられるから自由度が高いで。
物理サーバーと比較して自由度が高いのですね。その他に、物理サーバーではなく仮想サーバーにするとどのようなメリットがあるのでしょうか?
仮想サーバーは物理的なサーバーと比較して、ランニングコストが低いという点は大きい。
安いのは大きいですね。専用サーバーは個人だと手が出せないイメージですが、VPSなら個人でも導入できそうな気がします。
コスト的には個人でも導入可能やな。また、共用サーバーと比較してもメリットが多いぞ。例えば、共用サーバーは1台のサーバーを複数のユーザーでシェアしていることから、他のユーザーの影響を受けやすく、また、カスタマイズの自由度が低い。一方で、仮想サーバーはカスタマイズ性に優れ、まるで専用サーバーを使っているようなイメージで他のユーザーの影響を受けにくい
仮想サーバーは共用サーバーと比較してもカスタマイズ性が高いのですね。
うむ。しかし、VPSにも欠点がある。ネックとなるのは、上級者向けだという点や。サーバーの運用が、共用サーバーなどに比べて難しく、専門知識があった方が好ましい。つまり、仮想サーバーの自由度は高いのやが、その分扱いづらいという点がネックやな。
ありがとうございます。VPSについて、理解できてきました!

 

まとめ

 

サーバーがどういうものか分かったかな?
はい!


・サーバーは、クライアントからの要求に従って、サービスを提供するコンピューター
・サーバーには、ファイルサーバーやメールサーバーなどがある
・VPSは仮想専用サーバーのこと

ですね!

うむ!サーバーという用語はよく使うから、意味についてもしっかり理解しておくように!これからも、わからんかったら俺に聞くんやで!

-エンジニアとの会話に役立つ用語集

Copyright© ワカテク , 2020 All Rights Reserved.