ネットワークの基礎を勉強

【簡単解説】無線LANコンバータとは?無線LANやモデムについても!

無線LANコンバータという言葉を聞いたのですが、よく分かりません。どういう用途で使われるものなのか詳しく知りたいです。

 

このような疑問に回答します。

 

本記事の内容

・無線LANコンバータとは?
・モデムって何?

 

 本記事の信頼性

 

無線LANという言葉はWi-Fiとよく関係している言葉なので、聞き馴染みがある方は多いと思いますが、「無線LANコンバータ」という言葉についてはあまり馴染みがないかもしれません。今回は、無線LANコンバータの意味や役割について説明していきます。

 

無線LANコンバータとは?

 

無線LANコンバータとは、別名、イーサネットコンバータ(Ethernet converter)などと呼ばれている。
どのような目的で使用されているのでしょうか?
有線LANと無線LANの変換装置といったところやな。例えば、有線LANでしか使えない機器、つまり有線LANの接続端子が付いている機器を無線LANにつなぐために、この装置を使用する。例えば、無線LANコンバータを使えば有線LAN対応のテレビをインターネットに接続することができる。
すごいですね!テレビをインターネットにつなぎたい時に、イーサネットコンバータを使用するのですね。
そう。テレビとイーサネットコンバータをLANケーブルでつなげて、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)とイーサネットコンバータをつなげれば、テレビがインターネットにつながるようになる。
中継装置のような感じで画期的ですね。
せやな。
イーサネットコンバータに関連して、有線LANと無線LANの違いについて、念のため教えてもらえませんか?

 

有線LANと無線LANの違いは?

 

有線LANというのは、LANケーブルを使って、機器とルーターやモデムの間をつないで通信する形態のことやな。今回の例でいうと、テレビとイーサネットをつないでいるのが有線LANや。有線LANは、無線LANと比べて、ケーブルで直接機器間をつないでいるから、通信が安定しやすい。
ケーブルで直接つなぐという形式ですね。
無線LANは、ケーブルを使わずに、電波で通信する形態や。今回の例だと、Wi-Fiルーターとイーサネットコンバータをつなげている。無線LANは、ケーブルがないので利便性が高いのがメリットやが、有線LANと比べると通信が不安定になりやすい。
Wi-Fiルーターから電波が飛んでくるということですかね。理解できました。ちなみに、モデムって何ですか?

 

モデムとは?

 

モデムはWi-Fiの関係でよく出てくる言葉やな。アナログ信号とデジタル信号を相互変換することができる機器のことや。コンピューターのデータ送信にはデジタル信号が使われているんやが、電話回線ではそれができない。だから、モデムを使用してアナログ信号に変換することによって、電話回線からコンピューターに向けてデータを送信することができるようになる。つまり、電話回線を利用してインターネットに接続するために機器がモデムやな。
電話回線がない場合はどうすれば良いのでしょうか?
光回線を使ってインターネットに接続する。光回線を使う場合は、アナログ信号ではなく光信号を使う。
聞いたことあるかも!ありがとうございます。

 

まとめ

 

無線LANコンバータ(イーサネットコンバータ)について、なんとなく分かったかな?
はい!


・無線LANコンバータは、有線LANと無線LANの変換装置

ですね!
うむ!無線LANコンバータは、日常生活の中で使うこともあるから、今後のためにも覚えてくように!これからも、わからんかったら俺に聞くんやで!

-ネットワークの基礎を勉強

Copyright© ワカテク【犬でもわかるITテクノロジー用語集】 , 2020 All Rights Reserved.